中折れを原因対策をチェック

中折れを原因対策をチェックしましょう。
MENU

中折れの原因と対策をチェックする

セックスの途中でそれまで何でもなかったペニスが急に元気を失って、
あれよあれよという間にダウンするのが中折れです。
そうなるとセックスは終わりで、射精しないままになりますが、これはなぜでしょうか。
この問題についてその原因と対策をここで考えてみましょう。
思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか。

 

セックス中に邪念が入る

セックスをするのはセックスをしたいという欲望のシグナルが脳からペニスに送られるからです。
すなわち、セックスをしたいというシグナルはペニスにたくさんの血液を送れという指令です。
ペニスの海綿体が充血するとペニスは太くなり勃起します。

 

これが本来のあり方ですが、
その途中でもし脳がほかの刺激を受けるとどうなるのでしょうか。
脳の神経はさっさとペニスに血を送るシグナルを止めてしまいます。

 

セックスを持続させるホルモンが不足

次に男性ホルモンの必要量が不足しているために起きる中折れがあります。
つまり血流を助ける一酸化窒素を活性化する作用がある男性ホルモンが不足すると
十分な血量がペニスに補給されなくなり、中折れになるのです。

 

中折れの対策あれこれ

ではどうすればいいのかと言いますとセックス中に邪念が入らないようにすること。
すなわちセックス中にほかのことを考えないようにすることです。

 

不安や心配事を頭から払拭して、セックスのことだけを考えるようにしましょう。
次に男性ホルモンの欠乏の場合は、男性ホルモンを増やすことで、
世に言う強精剤も含まれます。

 

ただし成人病などの場合は男性ホルモンを増やす前に成人病の改善が先決と言えます。
付記しますとペニスの根元を締め付ける骨盤底筋群があり、
この筋肉を鍛えると効果があるとも言われています。

勃起とホルモンバランスの関係性

陰茎が、硬く長く太くならないと色々困りますよね。
この状態がすなわち勃起です。
中折れを対策をするには、勃起力を高めていく必要があります。
勃起の仕組みには、ホルモンバランスが密接に関わっています。
それは男性ホルモンの一種である、テストステロンです。

 

テストステロンと勃起の関係性、さらにテストステロンの不安定化で発生する、
男性特有の更年期障害について解説します。

 

陰茎を勃起させるホルモンとは

ホルモンは、体の中で生成される化学物質です。
身体の中と外の状況の変遷によらず、体調(内臓の機能など)を、
一定にキープする働きがあります。

 

全部で70種以上のホルモンが存在していますが、男性機能に密接に関わっているのは、
男性ホルモンの一種、テストステロンです。

 

テストステロンとは

テストステロンには、髭などの体毛の発毛、男性然とした逞しい体格を作る効果、
さらに、競争心や挑戦心を上昇させる心理面での効果もあります。

 

加えて重大な役割として、陰茎への一酸化窒素の供給も担っています。
一酸化窒素は健康をキープする物質であり、血管を広げ血流を良好に保つ働きがあります。

 

ホルモンバランスの狂いが男性の更年期障害を誘発する

女性のみならず、男性にも更年期障害が起き得ます。
男性の場合、更年期障害はテストステロンの発生量の低下による、
ホルモンバランスの狂いにより発生します。

 

テストステロンの分泌は、20代前半の頃が最も盛んであり、
そこを境に老化するにつれ、減っていきます。

 

また、中高年に近づくにつれ、社会的責任が重大になり、ストレスにもさらされます。
ストレスが増加すると、ひとりでに脳下垂体が、
ホルモン供給をストップさせる命令を下します。

 

これにより、テストステロンの発生量が低下し、更年期障害が酷くなります。
男性の更年期障害には、陰茎の勃起不全や、性欲の衰えがあり、
さらに、疲労、集中力の現象、うつなどの症状も現れます。

 

女性の更年期障害と同じく、睡眠障害やほてりが発生するケースもあります。
勃起不全や性欲の衰えを感じたり、疲労がたまってうつになったりした際は、
放置せずに医師に診てもらいましょう。

 

 

更新履歴
このページの先頭へ